ホーム > Java > 第4章-3 while文

Java -while文-

while文を利用すると、条件式がtrueのある限り何度でも処理を繰り返すことができます。

while文

書式
while(条件式){
    処理
}

条件式がtrueの場合は、while文内部の処理を実行した後に再びwhile文に戻ります。
戻った時点でもtrueの場合は処理を繰り返します。
条件がfalseになるまで何度でも処理を繰り返します。

処理が1文しかない場合は、中かっこを省略することができます。

最初から条件がfalseの場合は、1度の実行されません。
最低1回は、実行したい場合は、do~while文を利用します。


do~while文

条件式がtrueかfalseかの評価を1回目の処理の後に行います。
条件がtrueである限り、何度でも処理を繰り返します。

書式
do{
    処理
}while(条件式);  ←最後に;が必要

break文の利用

繰り返しを途中で終了する場合は、break文を利用します。

書式例
while(条件式1){
    処理;
    if(条件式2){
      break;
    }
}

繰り返しがネスト(入れ子)された構造になっている場合は、最も内側の繰り返しのbreak文として扱われます。

continue文の利用

continue文は、現在実行中の繰り返し処理を中断して、繰り返しの先頭に戻す場合に利用します。
break文は、必ず繰り返しを終了しますが、continue文の場合は、while文などの条件式を再度評価して、 tureの場合のみ繰り返し処理が続行されます。したがって、条件式がfalseの場合には、continueによって 繰り返しが終了する場合もあります。

次の書式例では、条件式2がtrueであれば、処理2を実行せずに繰り返しの先頭に戻り、 条件式1がtrueであれば再度実行、falseであれば繰り返しを終了します。

書式例
while(条件式1){
    処理1;
    if(条件式2){
      continue;
    }
    処理2 }

for文でも、continue文を利用できます。