ホーム > Java > 第1章-2 基本文法

Java-基本文法-

コード

  • 上から順に実行されます。
  • 最後の命令にはセミコロン(;)が必要です。
  • トークンの間のスペースやタブ、改行は自由なので見やすいソースコードを書くことを心がけましょう。

トークンとは
Javaコンパイラがソースコードを読み取るときの単語や記号の最小単位です。


コメント

  • 1行コメント
      /*○○○~
  • 複数コメント
      /*○○○~
      */
  • 文章化コメント
      /**
      プログラムの仕様書となるドキュメントのことです。
      */

変数

  • 変数の宣言
      データ型 変数名;
  • 変数への値の代入
      変数名=値;

宣言と初期化を同時に行うこともできます
  データ型 変数名=値;
  (例)int a=1;


識別子

変数やクラス、メソッドやフィールドにつける名前のことです。


名前の付け方

  • クラス名
      通常、大文字で始まります。
  • 変数名
      通常、小文字で始まります。
  • 定数
      通常、すべて大文字で記述します。

命名ルール

  • 使用できる文字
    • 英数字
        a~z
        A~Z
        0~9
               (注)大文字と小文字は区別されます。
    • 「 _ 」(アンダースコア)
  • 先頭は数字で始まることはできません。
  • Javaのキ-ワードとリテラルはそのままでは使用不可です。