ホーム > Java > 第4章-4 for文

Java -for文-

for文を利用すると、繰り返し処理の開始時の初期値や繰り返し処理における更新処理を指定することができます。

for文の書式

書式
for(初期化の式;繰り返し条件式;変化の式){
    処理;
}
例 [処理を5回繰り返す]
for(int i = 0 ; i < 5 ; i++ ){
    処理;
}

  1. i=0(初期化の式)0から始まり
  2. i < 5(繰り返しの条件式)5よりも小さいければ
  3. 処理
  4. i++(変化の式)iを1づつプラスして行く
  5. 2に戻る

複数の式の設定

for文の「初期化の式」と「変化の式」には、複数の式をカンマでつないで指定することができます。
ただし、「繰り返しの条件式」だけは、複数指定するとコンパイルエラーになります。

例 [複数の式を指定したfor文]
for(int i = 0 , j = 0 ; i < 5 ; i++ , j++ ){
    System.out.println(i + " " + j)
}

for文の式の省略

for文の3つの式は、いずれも省略可能です。
変数を初期化する必要がない場合は、初期化の式を省略します
繰り返しの条件式を省略すると、条件は常にtrueとみなされ、無限ループになります。
変化の式が必要のない場合は、変化の式を省略します。

繰り返し処理の終了方法

for文による繰り返し処理を途中で終了する場合は、主にbreak文を利用します。
また、continueを使った場合でも、for文に戻った時点で繰り返しの条件がfalseであれば、繰り返しを終了することができます。

拡張for文

拡張for文は、JDK5.0から新たに追加された機能です。
拡張for文を使うと、配列や列挙型やコレクションなどの要素を表示することが容易になります。

拡張for文の書式
for(データ型  変数名 : 式 ){
    処理;
}

式には、配列型変数や配列を返すメソッドなどを指定
データ型には、式に指定した配列の要素のデータ型を指定