ホーム > Java > 第2章-2 リテラル

Java -リテラル-

リテラルとは、変数に代入する具体的な値のことです。
(ソースファイル内に直接記述した値のこと)

リテラルの種類

種類データ型
真偽リテラルboolean
文字リテラルchar
整数リテラルint , long
浮動小数リテラルfloat , double
文字列リテラルString
空リテラル参照型

真偽リテラル

boolean型のリテラルは、true と falseの2つだけです。

整数リテラル

整数リテラルは、int型、long型というデータ型に対応して2種類あります。
整数の後ろに l (小文字のL)または、L という記号を付けると、long型のリテラルであることを表します。 l又はL記号を付けないと整数はすべてint型になります。

整数リテラルは10進数のほかに、8進数と16進数で記述することができます。
8進数で表現する場合は、整数の先頭に0を付け、16進数の場合は、先頭に0xを付けます。

文字リテラル

文字(char)リテラルは、文字1文字分を表します。
文字の前後をシングルクォーテーション(')で囲みます。 その値はユニコードという文字コードを使って記述もできます。
(例)'a' →'¥0061'

浮動小数点リテラル

浮動小数点リテラルは、小数点以下の値のある数値を表すリテラルです。 f または、F を付けるとfloat型
d または、D を付ける、あるいは省略した場合は、double型とみなされます。
どちらの場合でも先頭ビットは符号ビットになっているので、負数を扱うことができます。

文字列リテラル

文字列リテラルは、複数の文字をデータとして持つリテラルです。
全体をダブルクォーテーション(")で囲む必要があります。

空リテラル

空リテラルは、nullというリテラルのことです。
空リテラルは、参照するオブジェクトがないことを意味しています。
この為、この値を基本型のデータ型の変数に代入することはできません。
参照型の変数に代入するために利用します。