ホーム > Java > 第11章-5 Map

Java -Map-

Mapの利用

Mapはキーに対応した値を持つデータ構造です。

Mapインタフェースの主なメソッド
メソッド 説明
V put(K key, V value) 指定された値と指定されたキーをこのマップに関連付けます。
V get(Object key) 指定されたキーがマップされている値を返します。
Set<K> keySet() このマップに含まれるキーの Set ビューを返します。
void clear() マップからマッピングをすべて削除します 。
boolean containsKey(Object key) マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
boolean containsValue(Object value) マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
V remove(Object key) キーのマッピングがある場合に、そのマッピングをこのマップから削除します 。
int size() マップ内のキー値マッピングの数を返します。

String型,String型のMapの例

Map <String,String> map = new HashMap <String,String> ();

コレクションフレームワークを利用する場合は、このようにインタフェースで受けることが一般的です。

HashMap サンプル1

import java.util.HashMap;
import java.util.Map;

public class MapSample1 {

    public static void main(String[] args) {
        Map <String,String> map=new HashMap<String, String>();
        map.put("red""赤");
        map.put("blue""青");
        map.put("yellow""黄色");

        for(String key:map.keySet()){
            String value=map.get(key);
            System.out.println(key+"="+value);
        }
    }
}
実行結果
red=赤
blue=青
yellow=黄色