ホーム > Java > 第11章-1  コレクション

Java -コレクション-

コレクションの種類

複数のオブジェクトをまとめて扱う方法として、コレクションが用意されています。


コレクションフレームワークとは

コレクションフレームワークとは、java2 Platform 1.2で導入された複数のオブジェクトをまとめて管理する仕組みです。

List , Set , Mapと JDK5.0で追加されたQueueの4種類の基本構造がインタフェースとして用意され、それを実装したクラスを利用してオブジェクトを管理します。

これらのクラス及びインタフェースはjava.util.パッケージで提供されています。

コレクションフレームワークが提供される一連のクラスやインタフェースはコレクションと呼ばれ、java.util.collectionインタフェースが基となるスーパーインタフェースとして定義されています。

共通の機能としてコレクションに対して「要素を追加する」「要素を削除する」「要素を検索する」「要素を取り出す」ことができます。
要素とは、管理したいオブジェクトのことを指します。基本データ型は管理できません。

各コレクションの特徴

インタフェース 特徴
List 要素へのアクセスにはインデックス番号を使用します。
Set equalsメソッドの結果がtrueとなるような要素は重複して格納することはできません。
Queue FIFO(First In First Out)で要素が順序付けられます。
Map 要素は「キー」と「値」のペアで格納され、get("キー")メソッドで要素にアクセスします。

コレクションの利用

  1. コンストラクタを利用してオブジェクトを生成します。
    →利用するコレクションクラスのオブジェクトを生成します。
  2. メソッドを使い、管理するオブジェクトを操作します。

コレクションフレームワークで注意

そのコレクションがインタフェースかクラスかを見分けることが必要です。
インタフェースは定義しか持たないためインスタンス化できません。インタフェースを実装したクラスを利用することになります。