ホーム > Java > 第7章-1 インナークラス

Java -インナークラス-

Javaではクラスの中に更にクラスを定義することができます。
このようなクラスのことをインナークラスといいます。
インナークラスの外側のクラスは、外部クラスといいます。

インナークラスは、使用する場所が特定のクラスに限定されている場合や、クラスそのものを外部のクラスから隠蔽したり する場合に利用します。

インナークラスの種類

インナークラスには、外部クラスのほかのメンバ(フィールドやメソッド)と同様に記述するクラス、 メソッド内に記述するクラス、どこにでも記述可能なクラス名のないクラスなどがあります。

さらに、他のメンバに記述するインナークラスは、インスタンスが生成されないと利用できないクラス(非staticなインナークラス) とインスタンスを生成することなく利用できるクラス(staticなインナークラス)の2つに分かれます。

また、メソッド内で定義されるインナークラスのことをローカルクラスといいます。

クラス名のないクラスは無名クラスまたは、匿名クラスといいます。