ホーム > Java > 第4章-5 ラベル

Java -ラベル-

ラベルを指定すると、continue文やbreak文で特定の箇所に移動することができます。
主に繰り返しのネスティング処理で利用します。

繰り返しのネスティング

繰り返しのネスティングとは、繰り返し構文の中でさらに繰り返し構文を利用することです。

繰り返しのネスティングの中で、continueが使われた場合は、その文が記述されている 一番内側の繰り返し処理の先頭に戻ります。同様にbreak文は、一番内側の繰り返しから抜け出ます。

ラベル

通常のcontinueでは、内側の繰り返しから、より外側の繰り返しの先頭に処理を移動することはできません。
また、通常のbreak文では、より外側の繰り返しを抜け出すことはできません。

このような場合、ラベル付きのcontinue文やbreak文を利用します。

ラベルを指定する書式
ラベル名:
ラベルに移動するための書式
continue ラベル名;
break ラベル名;

サンプル

class LabeleSample{
    public static void main(String[]args){
        mito:for(int i=0;i<3;i++){
            System.out.println("i="+i);
            
            for(int j=0;j<3;j++){
                if(i==1 && j==1){
                    break mito;
                }
                System.out.println(" j="+j);
            }
        }
    }

実行結果
i=0
 j=0
 j=1
 j=2
i=1
 j=0