ホーム >  Android > Viewクラス

Android -Viewクラス-

Viewクラス

Viewクラスは、ビューの土台となる機能を持っているクラスです。

ビューとなるクラスは、このクラスを継承します。

Viewクラスのコンストラクタ

Viewクラスのコンストラクタには、アプリケーション環境の情報を保持する Contextオブジェクトを渡す必要があります。

  • View(Context context)
  • View(Context context, AttributeSet attrs)
  • View(Context context, AttributeSet attrs, int defStyle)

Viewクラスの主なメソッド


void setBackgroundColor(int color) 背景色の設定をします。
final int getWidth() 画面サイズの幅取得
final int getHeight() 画面サイズの高さ取得
void invalidate() 画面の再描画を行います。
内部的には、onDraw()メソッドが呼ばれます。
void setFocusable(boolean focusable) トラックボールやプログラム(ViewクラスのrequestFocus)で フォーカスを移すことができるかどうかを指定します。
void setFocusableInTouchMode(boolean focusableInTouchMode) タッチモードの時にフォーカスを移すことができるかどうかを指定します。
boolean onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event) キーダウンイベント発生時に呼ばれます。
キーコードには、キーコードごとに割り当てられいるIDが渡されます。
boolean onKeyUp(int keyCode, KeyEvent event) キーアップイベント時に呼ばれます。
boolean onTouchEvent(MotionEvent event) タッチイベントの発生時に呼ばれます。
void setClickable(boolean clickable) すべての基本イベントの取得
初期は、「指をつける」イベントしか取得することはできません。
void setLayoutParams(ViewGroup.LayoutParams params) レイアウトパラメータの指定
パラメータ(params)は、レイアウト種別ごとに異なります。
例えば、LinearLayoutを利用する場合、LinearLayout.LayoutParamsクラスを利用します。

リファレンス
    Viewクラス