ホーム >  Android > Adapter

Android -Adapter-

Adapter

Adapterとは、文字列や画像などの複数データをListView等、ビューとの 中間に存在し、両者の橋渡しをします。

Adapterの種類は複数ありますので、適宜使い分けます。以下は代表的なものです。

  • ArrayAdapter
      配列やListを1行に1つのビューを表示する場合に利用します。
  • CursorAdapter
      データベースのようなCursorクラスでアクセスするデータ場合に利用します。
  • SimpleAdapter
      XMLファイルで定義された複数のビューを表示する場合に利用します。
  • BaseAdapter
      ArrayAdapter・CursorAdapter・SimpleAdapterのスーパークラスです。
    独自のAdapterクラスを定義して、リスト項目のレイアウトを自由にカスタマイズ する場合に利用します。

ArrayAdapterクラス

ArrayAdapterのコンストラクタ

  • ArrayAdapter(Context context, int textViewResourceId)
  • ArrayAdapter(Context context, int resource, int textViewResourceId)
  • ArrayAdapter(Context context, int textViewResourceId, T[] objects)
  • ArrayAdapter(Context context, int textViewResourceId, List< T > objects)
  • ArrayAdapter(Context context, int resource, int textViewResourceId, List< T >objects)

contextにContextオブジェクト、textViewResourceIdにレイアウトファイルのID、objectsに表示するデータを示す配列または、 Listクラスを指定します。


ArrayAdapterの主なメソッド

void add(T object) アダプタへの要素の追加
static ArrayAdapter
<CharSequence>
createFromResource(Context context, int textArrayResId, int textViewResId) リソースから新しいArrayAdapterを作成
void setDropDownViewResource(int resource) ドロップダウンリストのアイテム表示レイアウトを指定
resourceには、レイアウトファイルを指定します。