ホーム >  Android > データ保存

Android -データ保存-

データ保存の方法

Androidには、5つのデータ保存の方法があります。
保存するデータの容量や形式、そのデータに対する他のアプリケーションのアクセス権限など。データの 保存の要件によってどの保存方法を利用するかを選択します。


プリファレンス

Android端末の内部の記憶媒体にキーと値の組み合わせでデータに保存します。

保存するデータ形式やデータ量に制限があるため、設定値など簡易的に保存したい場合に使用できます。

保存データは、そのアプリケーションのみからの利用が可能であり、他のアプリケーションからのアクセスは許可設定がされてなければ、 アクセスすることはできません。


ファイル

Android端末の内部に記憶媒体に、ファイル形式でデータを保存します。

プリファレンスで収まらないようなデータ形式やデータ量の場合に利用します。

保存データは、そのアプリケーションのみからの利用が可能であり、他のアプリケーションからのアクセスは許可設定がされてなければ、 アクセスすることはできません。


データベース

Androidには、「SQLite」というデータベース機能がデフォルトで搭載されています。

データの検索や更新、削除などのデータ操作を行うことができます。

保存データは、そのアプリケーションのみからの利用が可能であり、他のアプリケーションからのアクセスは許可設定がされてなければ、 アクセスすることはできません。


外部メディア

microSDカードのような外部の記憶媒体にファイル形式でデータを保存することができます。

外部の記憶媒体に保存されたデータは、他のアプリケーションや他のデバイスとも共有が可能です。


ネットワーク上のサーバ

Webサーバを利用して、ネットワーク上にあるサーバにデータを保存することが可能です。

WebシステムのデータベースサーバのデータにアクセスするためのAPIが公開されていれば、そのAPIを使用して データを取得したり、保存したり、更新したりすることができます。