ホーム > HTML > リスト

HTML -リスト-

箇条書きリスト

箇条書きリストを作成する場合は、<ul>タグと<li>タグを使用します。

<ul>タグでリスト全体を定義し、<li>タグでリストに表示する各項目を定義します。

ブラウザ表示では、リストの頭に「・」がつけられ、リスト全体は、インデント(字下げ)されます。
「・」のことをマーカーと呼びます。

書式

<ul>
    <li>項目1</li>
    <li>項目2</li>
    <li>項目3</li>
        …
</ul>

マーカーの形状は、スタイルシートで変更できます。

番号付きリスト

箇条書きリストを作成する場合は、<ol>タグと<li>タグを使用します。

<ol>タグでリスト全体を定義し、<li>タグでリストに表示する各項目を定義します。

ブラウザ表示では、リスト項目に番号がつけられ、自動的に1から順にふられます。
リストは、インデント(字下げ)されます。

書式

<ol>
    <li>項目1</li>
    <li>項目2</li>
    <li>項目3</li>
        …
</ol>

番号の表示は、スタイルシートで変更できます。

定義リスト

定義リストとは、「見出し」と「その内容」が1つのセットになったものです。

定義リストを作成する場合は、<dl>タグ、<dt>タグ、<dd>タグを使用します。
<dl>タグで定義リストの範囲を決め、<dt>タグで見出しを<dd>タグでその内容を指定します。

ブラウザ表示では、dd要素がインデント(字下げ)されます。

書式

<dl>
    <dt>見出し1</dt>
    <dd>内容1</dd>
    <dt>見出し2</dt>
    <dd>内容2</dd>
        …
</dl>