ホーム > HTML > スタイルシートの基本

CSS -スタイルシートの基本-

スタイルシートの記述

スタイルシートでは、「セレクタ」と呼ばれるスタイルを適用する対象に、スタイルの種類を表す「プロパティ」 指定し、その「値」を記述することで定義します。

スタイルシートの基本ルール

セレクタ{
    プロパティ : 値;

いつのセレクタに複数のプロパティを適応させることができます。
スペースや改行タブは自由に挿入することができます。

例(h1要素の文字色を赤色に指定)
h1{
    color : red;

「red」を「#ff0000」と16進数でも指定ができます。

スタイルシートを適応させる方法

  1. インライン方式

    body要素内の中にある個別のタグに対して、直接スタイルシートを適応させる方法です。
    タグに直接記述するため、セレクタとその開始と終わりを示す中かっこは、記述しません。
    その代わりにスタイルうを指定したいタグにstyle属性を指定、その属性値をしてプロパティをその 値を記述します。

  2. 内部参照

    head要素内に<style>タグを記述し、その中にスタイルシートを記述する方法です。

    <style type="text/css">
        ここに記述します。
    <style>

  3. 外部参照

    HTMLファイルとは別にスタイルシートのファイルを用意し、HTMLファイルからスタイル強いーとのファイルに リンクする方法です。
    head要素内に<link>タグを記述して、スタイルシートファイルを読み込み、HTMLファイル全体に 適応させます。

    <link href="スタイルシートファイルパス" rel="stylesheet" type="text/css">

同じ指定をした場合  1>2>3

外部化されたスタイルシート

スタイルシートが記述されたファイルは、拡張子を「.css」とつけて保存します。

文字コードを指定します。
例えば文字コードがUTF-8の場合
    @CHARSET "UTF-8";