ホーム > HTML > HTMLとスタイルシート

HTML -HTMLとスタイルシート-

HTML

HTMLとは、Webページを記述するためのマークアップ言語です。

HTMLでは、文書の一部を<と>で挟まれたタグと呼ばれる特別の文字列で囲むことにより 文章の構造や修飾についての情報を文書に埋め込んで記述することができます。

汎用的なマークアップ言語であるXMLに準拠するよう一部の使用を改めたXHTML規格もあります。

スタイルシート

スタイルシートとは、Webページの見栄えを良くするための専用記述言語(CSS)として考案されました。
現在では、なるべく構造の記述をHTML、見栄えの記述をCSSに分離すべきとされています。

HTMLの基本構造


<!DOCTYPE>

使用するHTMLやXHTMLの種類を指定します。
通常HTMLの場合は、HTML4.01、XHTMLの場合は、XHTML1.0を使用します。

また、HTML4.01とXHTML1.0はそれぞれStrict、Transitional、Framesetの3種類に分かれており、ページ内で使用するタグに 種類に応じて選択します。

Strict
「文書の構造を示す」というHTML本来の目的に沿ったタグや属性だけを使用できる規格です。
Transitional
Strictで使用できるものを加えて、下位互換のために古いブラウザで独自拡張されたタグや属性も使用できる。
通常、これを選択します。
Frameset
Transitionalで使用できるものに加えて、フレーム関連のタグや属性も使用できる規格です。

<html>~</html>

Webページのソースを記述します。
HTMLでは、xmlnsの指定は不要です。


<head>~</head>

ページに関する設定を記述します。
ここに記述した設定は、ブラウザ画面には表示されません。

<meta/>
Webページのエンコードの種類を指定します。
エンコードの種類 <meta/>の値
シフトJIS Shift_JIS
EUC EUC_JP
JIS ISO-2022-JP
UTF-8 UFT-8
<title></title>

ページのタイトル情報を記述します。

  • Webページの左上のタイトルバーに表示される。
  • お気に入り等に等に登録するとページタイトルで登録される。
  • 検索キーワードとタイトルの一致率が高いほど検索の上位に表示される可能性が高い。 ページタイトルを日本語する場合は、全角文字を使用する。
<style></style>
ページのレイアウトやデザインの設定を記述します。

<body>~</body>

ブラウザ画面に表示するコンテンツを記述します。

コメントアウト

HTMLの文書にの中では、ブラウザに表示されないコメントを記述することができます。

コメントタグ
<!-- ~ -->

ただし、XHTMLの規格では、<style > ~ </style >の中にコメントアウトすると、 スタイルがシートが機能しなくなる仕様になっています。