父親は何なのか(Yahoo!JAPANニュース)

ニュースなので、いつまでリンクがあるわからないので、とりあえず一部抜粋

遺伝子医学の権威がDNA鑑定で知った出生の秘密

あらゆるストーリーには3つの面がある。あなたが生きた現実、私が生きた現実、真実。みな嘘偽りはない。

こんな名言ではじまるケミカルバイオロジー研究の第一人者スチュアート・シュライバー博士の父の日コラムがHarvard Magazineに載っていて、父親って何なんだろう…と思わず考えてしまいました。(中略)

父親であること
父親は何なのかという話に戻ると、英語ではよく、プロバイド(provide /与える)する人だっていう言い方をします。与えるものは遺伝子であることもあるし、愛であることも、生きる術であることもあります。与える限りにおいては、すべて父親です。

ちょっと遅れてしまったけど、お父さんにありがとう言いそびれちゃったみなさまもいつか機会があるといいですね。

 

出典:Yahoo!JAPANニュース  遺伝子医学の権威がDNA鑑定で知った出生の秘密
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00010007-giz-sci&p=1

私自身、3年前に亡くなった父親に対し良い思い出は、全くない。

しかし、この記事を読んで、感慨深いものがあり、良くも悪くも、遺伝子は確かにもらい、波乱万丈の人生を前に生きるすべをもらった気がする。

でも、最後までありがとうは言えなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です