*

最近の日記

毎日、勉強!!

Excel VBA の試験対策は終わったので、今は、Web関連の言語をお勉強中!

いっとき、携わらない間にかなり進化しているのにびっくり。

わ~。

私の知識は、化石化しているかも ( ;∀;)

で、出版日の新しい書籍を買って、ひたすら、ソースコードを打って確認中。

かなり忘れているものもあるなあ。

頭もかなり歳を取ったようだ。

あげくに色々な言語が頭の中で混乱中。

これが落ち着いたら、ごろっと変わって、C#の勉強がしたい。

でも、頭も指もついて来てくれないわ~

この頃は、指だけでなく、手首・肘も痛い。

歳は取りたくないものだ!!

 

VBA Excel スタンダード試験

風邪のせいで、のどが痛くてたまらない!

なぜ、試験近くになると風邪を引くのか?

喉が超痛いし、熱・鼻水で、とても勉強するきになれないと言い訳しながら、ベットでウツラウツラしながら韓ドラ視聴。

でも、今回の試験のスタンダートは、40問中、3分の2は、記述問題だから、スペルをきちんと覚えなきゃ。

でも、自分がVBAでつくるとき、ほとんど補完を使うので単語の頭から2・3文字を打てば、残りは、出てくるし、補完の出なくて、長い単語は、どこからかコピってくるから、フルで覚える必要なかったので、とりあえず紙に書いて確認した。

で、試験。

選択問題は、模擬問題よりひねってある。

?って思うものが1問。

でも、鼻水垂れてるので、問題を見直しするのが面倒で20分程度でさっさと終了ボタンをポチ!

ははは、満点じゃない ”(-“”-)”

?の問題は、正解みたい。

どこを間違ったのか?やはりスペルミス?

とりあえず、年内の試験の受験計画は終了したので、まあいいか

で、受験する方に

  1. 模擬問題は、選択問題でも、単語をきちんと書いて覚えること。
  2. 公式テキストに付属している模擬問題以外に公式サイトで紹介してある有料も模擬問題も解いていた方がよい。
  3. 本試験は、模擬問題よりもややこしいし、ひねってあるので、模擬問題のソースコードを自分で書いて実行してみること
  4. そのとき、自分で加工して実験してみること
  5. 模擬問題と似てる問題が本試験で出ても、問題のソースコードを確認して解答すること
  6. 見直しをすること。
  7. 風邪をひかないこと。

受験した感想

  1. 普段使わないものも出るが、知識の整理ができた。
  2. 難易度は、高くない。
  3. 公式テキストと受験料が高い。
  4. 試験を合格しても実務で使いものにならないし、実務経験があっても試験対策をせずに合格は難しいかも。
  5. スタンダードだけ受験をする方もベーシックの公式テキストを見ていた方がいい。

 

VBAエキスパート受験 Excel Basic

連絡がないので、忘れていたけど、今日は、VBAエキスパートの受験日だった。

まあ、昨日、思い出して、連絡がないのけど、受験できるんですか?

と、確認したら、受験するようになっているとのこと。

慌てて、教科書と模擬問題を確認。

なんといってもVBAエキスパート Excel Basicは、4択なので、簡単らしい。

本当は、Excel Basicを受けずにStandardを受験すればいいんだけど、今回は、あえて、Basicを受験

VBA講座を受講する方で、この試験をターゲットにしている方もいたので、話の種に受験。

とりあえず、感想

メモ紙と鉛筆が用意されていたので、頭の中ですべてを計算しなくてもよいので、まず安心

難易度は、基本的な問題で簡単。

問題数は、40問

あまり、ひねった問題もなく、出題方式が4択なので、絶対に解答できる。

 

公式テキストは、出版年月日が古いので、最新が2007、それ以前バージョンのことが説明されている。

2007でさえサポートの切れたバージョンなのにそれ以前のバージョンのことなんて、出題されるのかな?と思っていたけど、やはり、そこは、バージョンを問わない問題しか出題されなかった。

ただ、テキスト内でもよく1行ステートメントでの記述がある。

コードは簡素化されるけど、私は、あまり好きじゃない。

他の言語でも然り。

まして、初心者の方に教える時は、きっちり書くことを勧める。

でも、やっぱ出題された。

他の方が書いたソースコードを読むためには必要な知識かもしれないけれど、初心者に必要なのだろうか?

そんなことを考えながら、1問ずつ確認をしながら、全部、解答しても15分かかっていない。

解答途中に、前にも戻れるし、後で見直すのチェックを入れていれば、すべてを解答した後にそれらを見直しでき、その問題を開いたら、自動で、見直しのチェックが消える。

わざと、解答途中に前に戻ったり、後で見直すにチェックを入れてみたりして、試験問題の動作を確認。

結局、一番、念入りに読んだのは、試験開始前にある3ページの試験中のボタンの説明だったかも?

で、結果は、1000点の満点だった。

いつも、ケアレスミスが多いので、結果の画面をみたらほっとした。

そのまま12月1日のStandardの申込をしてきた。

これで、試験日までは、韓ドラの視聴時間が少しは、減るだろう。

さあてと、次は、穴埋め問題もあるので、スペル誤りをしないようにがんばろっと