監視カメラ

今日、テレビを見てて監視カメラの話が出た。

電話工事の仕事をしていた時、そういえば監視カメラの工事もしたことがある。

そのとき、設置の意図や予算から、設置場所や設置台数を決める。

その中で、どうしても依頼者の設置意図が納得できない2件の案件があった。

1つは、女性の控室だけにカメラを設置する案件と、すべて従業員を信頼していないことがうかがえる、ほとんど人権を無視した案件だった。

私は、どうしてもこれらの案件を受けたくなく、膨大な工事見積もり額を部長に提出した。

部長は、一瞬私の顔を見たが、何も言わず、確認印を押し社長決裁へ回した。

私は、部長席を離れる前に 「これに見合う仕事は必ず取ってきます」と一言だけ言った。

 

あれから、どのくらいの月日が経ったのか?

当然、電話工事の会社もずいぶん前に退職し、今では、友人から依頼があったときだけLANや電話線の配線工事をするだけだ。

 

で、昨日いきつけのスーパーに行ったとき、10分近くレジ待ちをしている間、以前の癖で、7~8台あるレジや、売場に自分だったらどこに監視カメラを設置するか?

最小コストでパフォーマンスを最大にできる設置場所と設置数は?とかとか

後で、考えてみると、レジ周りでキョロキョロ、店側からすると私は、絶対怪しい人に見えたに違いない。

ははは、今になって恥ずかしい ^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です