ActionForm (Struts)

ActionFormの動作

  • 通常のサーブレットプログラムでは、javax.servlet.http.HttpServletRequestのgetParameter()メソッドを利用して、リクエストパラメーとを取得するが、Strutsでは設定ファイルでActionFormを使用するように定義されていると、自動的にリクエストパラメータの値を読み込んで、ActionFormのプロパティに設定する。
  • この動作は、RequestProcessorによってActionのexecute()メソッドが実行される前に行われる。
    (Actionのexecute()メソッドでは、HttpServletRequestでなく、ActionFormを利用してリクエストパラメータの値を取得することができる)

 

ActionFormの作成

  • org.apache.struts.action.ActionFormを継承して作成
  • フォームから受け取りたいリクエストパラメータをプロパティとして宣言
    (private でフォールド変数を作成)
  • プロパティの値を取得・設定するためのgetter/setterメソッドを実装する

※ActionFormを使用する為の設定をStruts設定ファイルに記述すること

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です