Strutsの基本動作 (Struts)

Strutsの基本動作

struts

画像をクリックすると別ページが開きます

 

 

  1. ブラウザからHTTPリクエストが送られる
  2. コントローラであるStrutsのアクションサーブレット(Strutsが提供)が指定のモジュールのリクエストプロセッサ(Strutsが提供するリクエスト処理を制御するクラス)へHTTPリクエストを転送する。
  3. リクエストプロセッサは、HTTPリクエスト中にフォーム情報がある場合、その情報を保持するためのアクションフォームBean(開発者が作成)にセットする。
    • リクエストとアクションフォームBeanの対応は、モジュール設定ファイル(struts-config.xml)に記述されている。
    • (HTTPリクエスト内の入力フォーム情報をStrutsが自動的にBeanにセットする)
  4. HTTPリクエストのURLに対応したアクション(ビジネスロジックを呼び出す為のクラスで開発者が作成)を呼び出す
  5. 呼び出されたアクションでは、ビジネスロジックを実行
  6. ビジネスロジックの結果などを表示するための情報をJavaBeansやActionFormBeanクラスにセットし、JSPからアクセス可能なコンテキストに保持させる。
  7. HTTPリクエストの処理を行うリソース(JSPページやアクションなど)の情報をActionForwardクラス(Strutsが提供)としてリクエストプロセッサに返却する。
  8. アクションから返却されたActionForwardクラスが示すリソース(JSPページなど)を呼び出す。
  9. 呼び出されたJSP内では、表示のために必要な情報をStrutsが提供するカスタムタグライブラリなどでコンテキストから取り出し、ページを生成する。
  10. JSPによって生成されたページをHTTPレスポンスとして返却する。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です