*

フォーム

フォームのコントロールの位置の調整 (Access)

  1. 余白の調整
    • 「余白」とはテキストボックスの枠と表示するデータの隙間のこと
  2. スペースの調整
    • 「スペース」とは、コントロールとコントロールの間の距離のこと
  3. アンカーの設定
    • 「アンカー」とは、コントロールの位置をウィンドウのサイズを基準として固定する機能のこと
    • 初期設定ではコントロールの左上に設定されている
    • アンカーを設定すると、ディスプレイの解像度やAccessのウィンドウサイズを変更したときでも、ウィンドウサイズに合わせて調整される。

フォームのテーブルレイアウト(Access)

フォームのコントロールを体裁よく配置するために、テーブルレイアウトを便利

単票や帳票フォームのレイアウトには、集合形式と表形式の2通りがある。

  • 集合形式
    • 各フィールドの左側にラベルが表示される書類形式のレイアウト
  • 表形式
    • 最上部にラベルがあり、その下の列にデータが入るワークシートに似たレイアウト

レイアウト ビューとデザイン ビュー (Access フォーム)

レイアウト ビュー

レイアウト ビューは、デザイン ビューよりも視覚性を重視したビュー。

レイアウト ビューでフォームを表示しているとき、各コントロールには実際のデータが表示される。

このため、コントロールのサイズを設定するときや、フォームの視覚 的な外観や操作性に影響する多くのタスクを行うときは、レイアウト ビューで行うと便利である。

特定のタスクはレイアウト ビューでは実行できないため、デザイン ビューに切り替える必要があり、状況によっては、変更を行うにはデザイン ビューに切り替える必要がある旨を通知するメッセージが表示される。

 

デザイン ビュー

デザイン ビューでは、フォームの構造の詳細を表示でき、フォームのヘッダー、詳細、フッターの各セクションを確認できる。

デザイン変更を行っている間は、基 になるデータが表示されないが、レイアウト ビューよりもデザイン ビューの方が容易に実行できるタスクがある。

たとえば、以下のタスク

  • 幅広い種類のコントロール (ラベル、イメージ、線、四角形など) をフォームに追加する。
  • プロパティ シートを使用せずに、テキスト ボックス自体でテキスト ボックス コントロール ソースを編集する。
  • フォーム ヘッダー、詳細セクションなどのフォーム セクションのサイズを変更する。
  • レイアウト ビューでは操作できない特定のフォーム プロパティを変更する (“Default View/既定のビュー”、”Allow Form View/フォームビューの許可” など)。

 

参考サイト   レイアウト ビューとデザイン ビューの違い