*

Access

フォームのコントロールの位置の調整 (Access)

  1. 余白の調整
    • 「余白」とはテキストボックスの枠と表示するデータの隙間のこと
  2. スペースの調整
    • 「スペース」とは、コントロールとコントロールの間の距離のこと
  3. アンカーの設定
    • 「アンカー」とは、コントロールの位置をウィンドウのサイズを基準として固定する機能のこと
    • 初期設定ではコントロールの左上に設定されている
    • アンカーを設定すると、ディスプレイの解像度やAccessのウィンドウサイズを変更したときでも、ウィンドウサイズに合わせて調整される。

テーブルを使ったコントロールのレイアウト (Access)

レポートのコントロールをテーブルとしてレイアウトできる。

テーブルを使ってレイアウトすると、コントロールを行や列に配置されたセルとして構成し、コントロールをまとめて移動したりサイズを変更できる。

行と列の追加や削除、セルの分割や結合などの機能を使って詳細なレイアウトを設定することもできる。

テーブルを使ったコントロールのレイアウトを削除すると、個々のコントロールを削除したりサイズを変更したりできる

コントロールのレイアウトには、集合形式と表形式がある。

  • 集合形式
    • 縦方向に1つのレコードを表示し、左側の列にラベルを表示する
  • 表形式
    • 表のように行と列を配置し、上部にラベルを表示する。
    • ラベルは≪レポートヘッダー≫セクションに配置される。
    • ≪作成≫タブのレポート又は、空白のレポートを使ってレポートを作成すると、自動的に表形式のレポートが作成される。

※レポートデザインまたは、レポートウィザードを使ってレポートを作成した場合は、レイアウトは設定されない。

フォームのコントロールの位置の調整(Access)

  • 余白の調整
    • 余白とはテキストボックスの枠と表示するデータの隙間のこと
  • スペースの調整
    • スペースとは、コントロールとコントロールの間の距離のこと
  • アンカーの設定
    • アンカーとは、コントロールの位置をウィンドウサイズを基準として固定する機能のこと
    • デフォルト設定では、コントロールの左上に設定

 

フォームのテーブルレイアウト(Access)

フォームのコントロールを体裁よく配置するために、テーブルレイアウトを便利

単票や帳票フォームのレイアウトには、集合形式と表形式の2通りがある。

  • 集合形式
    • 各フィールドの左側にラベルが表示される書類形式のレイアウト
  • 表形式
    • 最上部にラベルがあり、その下の列にデータが入るワークシートに似たレイアウト

コントロール(Access)

コントロールとは、フォームやレポートに配置されるラベルやテキストボックスなどの部品のこと

コントロールには、「連結コントロール」と「非連結コントロール」がある。

  • 連結コントロール
    • テーブルやクエリのデータがもとになっているコントロール
    • 連結コントロールを使用するとフォームにフィールドの値を表示したり、リストボックスを作成して、一覧から選択できるようにしたりできる。
  • 非連結コントロール
    • テーブルやクエリのデータがもとになっていないコントロール
    • 非連結コントロールを使用すると、図や線を描いたりラベルを作成して独自の文字を表示したりできる