ホーム > Java > 乱数

Java -乱数-

Randomクラスを利用して乱数を発生させます。

  1. import宣言をします、(class宣言より前にします。)
  2. インスタンスの作成
  3. nextInt()で整数の乱数を発生させます。

サンプル例1


import java.util.Random;



public class Sample1 {

	public static void main(String[] args) {

		//インスタンス作成

		Random rand=new Random();



		//整数10未満の乱数を発生させます。

		int num=rand.nextInt(10);



		System.out.println("num=" +num);

	}

}

							

 サンプル例2

public class Sample2 {

	public static void main(String[] args) {

		Random rand =new Random();



		//1~9の整数

		int n1=1+rand.nextInt(9);



		//-9~-1の整数

		int n2=(-1)+rand.nextInt(9);



		//10~99の整数

		int n3=10+rand.nextInt(90);



		System.out.println("1桁の正の整数:"+n1);

		System.out.println("1桁の負の整数:"+n2);

		System.out.println("2桁の正の整数:"+n3);

	}

}



							

Mathクラスを利用して乱数を発生させます。

  • Math.random()で乱数を発生させます。
    この時に返ってくる値はdouble型であるためint型にキャストの必要があります。

     サンプル例3
    
    public class Sample3 {
    
    	public static void main(String[] args) {
    
    		//値はdouble型で返ってきます。
    
    		//double d=Math.random();
    
    
    
    		//0~9までの乱数を発生させます。
    
    		//返り値がdouble型のためint型にキャストの必要があります。
    
    		int n1=(int)(Math.random()*10);
    
    		System.out.println(n1);
    
    	}
    
    }
    
    									

     サンプル例4
    
    public class Sample4 {
    
    	public static void main(String[] args) {
    
    		//1~9の整数
    
    		int n1=(int)(Math.random()*9)+1;
    
    
    
    		//-9~-1の整数
    
    		int n2=(int)(Math.random()*-9)-1;
    
    
    
    		//101~99整数
    
    		int n3=(int)(Math.random()*90)+10;
    
    
    
    		System.out.println("1桁の正の整数:"+n1);
    
    		System.out.println("1桁の負の整数:"+n2);
    
    		System.out.println("2桁の正の整数:"+n3);
    
    	}
    
    }