*

キーボードが到着

お初の茶軸

今まで、メカニカルキーボードは青軸ばかりだったけど、今回は、茶軸を購入してみた。

今まで、使用していたホコリ被ったFlLCOの青軸と今回のARCHISSの茶軸

またもやホコリ被った静電容量無接点方式の東プレと今回のARCHISSの茶軸

テンキーなしのARCHISSの青軸と今回のARCHISSの茶軸

で、今回のキーボードをメイン機に接続

茶軸、青軸に比べると静かだ。

やっぱ青軸みたいにカチャカチャ言わない、そしてスイッチ感が私的には微妙・・・

なんかメンブレンのキーボードなタッチ感・・・

やっぱ青軸にすべきだったかなあ~

でも、手には優しい気がする。。。

 

比較

  • 東プレ REALFORCE 108UBK / 変荷重キーボード / 静電容量無接点

手には、すごーく優しい。

タッチ感は、スコスコって感じで、触れただけで、入力になるけど、打った気がしない。

そのため、好みがわかれるかもしれない高価なキーボード。

私は、タイピングミスが炸裂するけど、指が痛くなったら、このキーボードに変えて使っている。

カナ表示がないのですっきりだけど、全体的に大きすぎ。

矢印キーが遠く感じる~

今は、コンパクトなものが販売されているみたいだ。

『東プレ REALFORCE S R2 日本語108配列 静電容量無接点方式 USBキーボード 静音モデル 荷重45g レーザー刻印 かな表記なし ブラック R2S-JP4-BK』

  • 『FILCO Majestouch Convertible2 青軸(Cherry MXスイッチ) 日本語108メカニカルキーボード Bluetooth3.0&USB 無線/有線両対応 カナ刻印あり BTマルチペアリング4台対応 ブラック FKBC108MC/JB2』

Bluetoothに対応している。

でもBluetoothで接続するとランプ類が「NumLock」とかじゃなくなり、無線接続されているかなどのランプに変わる

で、パソコン起動時の1回目の入力は、無線接続か有線接続かを判断するので、面倒。

タッチ感は、青軸なんだけど、なんかバッシって決まらない感じがする。

でも、やっぱ青軸のカチャカチャ感は好き。打ちながら、酔いしれる・・・

酔いしれながら、青軸は、跳ね返りが強くて、指が痛くなって、現実に戻る。。。

 

  • 『Archiss Cherry青軸 日本語JIS配列テンキーレスメカニカルキーボード USB&PS/2両対応 AS-KB91C』

青軸の中では、一番のお気に入り。

なんたって、カチャカチャ感と、バッシって決まる感がたまらない。

『Esc』キーの赤がかわいい~

でも、テンキーがないのでデータを打つ時は、面倒なのが欠点。

その分、場所は取らないんだけどね。

今は販売されていないのか?

おなじようなものは

『ARCHISS ProgresTouch TKL ワイヤーキープラー付 日本語91 二色成形 PS/2&USB CHERRY青軸 テンキーレスメカニカルキーボード AS-KBPD91/CBKNWP 』

そして、最後は、

  • 『ARCHISS ProgresTouch RETRO ワイヤーキープラー付 日本語108 カナ無 二色成形 PS/2&USB Cherry茶軸 メカニカルキーボード AS-KBPD08/TBKNWP』

お初の茶軸だったけど、なれるとこれもいいかも?

カチャカチャならないけど、まあ打った感はある。

青軸に比べると反発が少ないので手には、優しい感じ。

でも、やっぱ青軸が好きかも・・・・