*

キーボードの掃除

毎年、不定期にキーボードの掃除をする。

机の上で、飲食をするし、机の横で洗濯物を畳んだりするので、汚れやほこりがすごい。

まあ、キーボードだけじゃなく机の上もほこりだらけなんだけど・・・

でまず、FILCOのキーボードから

まず、キーキャップを外す。

FILCOは、キーを軽く外せるけど、大き目のキーキャップには白い小さなプラスチックの部品が付いてるので、失くさないようにしないといけない。

ほこり取りのスプレーが切れているので、口で「ふー」と吹き飛ばす(それも机の上で・・・)

ほこりが舞う中、アルコールでキーボード本体の中と外側を拭いていく。

そして、キーキャップを1つずつ、アルコールで拭きながら、所定の位置にはめていく。

白いプラスチックの部品は、ピンセットで位置調整しないといけないのでちょっと面倒

で、FILCO完了(所要時間1時間)

 

次は、REALFORCE

 

こちらは、キーキャップ取るのが硬くて大変。

右手は1年以上たつのに力をいれると手首痛いので、「いたたいたた」と言いながら、机の上でキャップを外していたら、はずみでキーキャップが飛んでいく。

まず、飲みかけコーヒーの入ったマグカップの中へポトリ。

次は、勢いよくどこかに飛んで行った。あまりにも勢いがよかったので、どこに行ったのか不明。

また、勢いよく飛んで行ってもいいように、キーボードを床に移動。

やはり勢いよく、ゴミ箱の中に飛んで行った。

失くさないように、ゴミ箱から回収。

全部取り終わったところで、FILCOと同様、ほこりをとり、アルコールで中と外を拭い、キーキャップを1個ずつ拭いて取り付けていく。

どこかに行ったキーキャップは、気のせいだと思いたかったけど、やはり、「D」が無い。

探すこと1時間。

結局、後ろに飛んでいったと思っていたのが、前に飛んで、ディスプレイを超え、机の裏側に落ちていた。

無事完了

とりあえず、ほこりがなくなった。

でも、1日たったら、またほこりが・・・